メイン写真

神奈川県川崎市

株式会社セレモニア

導入製品:
エアロシールドUKP 18×6台

導入背景と目的

7年前から積極的に感染症対策を実施。
対策強化のための追加導入。

冠婚葬祭業・福祉事業を営む株式会社セレモニアさまは、利用者さんに安心して過ごしていただくために施設内に紫外線照射装置エアロシールドを導入。
その背景や効果をホームヘルスケア事業部 高山浩部長にお伺いしました。

 

高齢者施設なので元々毎年のインフルエンザにはかなり神経を使っていました。それでも毎年何人か罹患される方がいたので、7年前に、何とか対策できないかと検討していた時に当時の取引先よりエアロシールドの紹介を受けました。

 

7年前の当時では見たこともない紫外線照射装置エアロシールドのプレゼンを受け、人が集まりやすい食堂とホールへの導入を決めました。

 

今回のコロナ禍ではデイサービスにも対策をしなければならないと感じ、7年前よりは感染症対策の商品は増えていたため、エアロシールドも候補に含めた複数製品で慎重に検討しました。

 

何度も各社の営業担当者との話し合ったところ実際の効果は不明だと伝えられるなどがあり、有効性に焦点を当て検討した中で、エアロシールドで使用しているUVCランプは新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性がアメリカで実証されているという部分が決め手となり、価格としては高いほうであったが、エビデンスのしっかりとしたエアロシールドを追加で導入することに決め、今回はみんな電力の協力のもとデイサービスと事務所へ設置しました。

従業員さまやお客さまの反応

導入前は反対の声があったが、罹患率は低減。
施設の特徴として利用者へ納得いただく。

選定のポイントイメージ

まず社内の声としては、反対の方が多かったですね。
効果を感じることができなければ撤去する覚悟で導入しました。
結果としてインフルエンザに感染する人が激減したことなどで効果を感じることができたので導入してよかったと思いました。

 

施設利用を検討されているご家族へも、施設の特徴の一つとして感染症対策への取り組みを説明させて頂いており、納得されてご利用いただく方が多いです。

選定のポイントイメージ

今後の取り組み

行政の基準だけでなく
常に対策を考え積極的に。

当グループの事業は、人と人との触れ合いや集まることをサービスとしているため、行政の基準を満たすだけの対策に限らず、利用者や従業員の生活を守るために何をすべきか常に考え、できる対策は積極的に行うことで少しでも安心してご利用いただける環境をつくってまいります。

株式会社セレモニア

神奈川県川崎市鋼管通1-1-1

https://www.ceremonia.co.jp/

お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせは
こちらから