空気のDXサービス MADO

オフィスや店舗内のCO2やpm2.5、揮発性ガスなどを計測し、クラウドへ送信。PCやタブレットなどのデバイス・サイネージにて空気環境を可視化します。状況に応じた対策を行う事ができる、空気のデジタルトランスフォーメーション(DX)サービスです。

空気管理で、働き方と学び方を変える

室内の空気質が学習効果や労働生産、経営者の意思決定に影響を与えている!

海外における調査で、CO2濃度が1,000ppmを超える室内では、感染リスクが高まるだけでなく、「集中力」や「労働生産性」が低下するなど、健康との相関も多数報告されており、欧州の教育機関ではCO2濃度を測ることが当たり前の世の中になってきています。
会議中、授業中、眠くなってしまう。それらを解消するカギは空気質にあるかもしれません。

導入実績 全国約2,000スポット‼︎

空気質を入口にさまざまな機能で快適な空間づくりに貢献します

  • 幼稚園、学校、図書館、塾などで、集中して学習に取り組める環境づくりに。
  • オフィス、コワーキングスペース、会議室などで、生産性の高まる環境づくりに。
  • 飲食店やスポーツジムなど不特定多数の人の集まる場所での空気の安心の提供に。

MADOの特徴

  • CO2やTVOCなど、計測したデータを空気質ごとの閾値に応じて、アラートメールが送信されるので、適切なタイミングで換気をすることができる。
  • わかりやすく空気質状況を伝えるサイネージ画面で来店客に安心をPR。
  • 複数店舗のデータ推移が一見でわかる。管理画面の提供でもっと安心な空気づくり。
  • 感染症クラスター発生時も無償で施設内消毒作業と、ネット上の風評被害対策を提供。

キャラクターの表情で空気の状況を表現

  • 空気がとってもよいです
  • TVOCが高めです
  • CO2濃度が高めです
  • PM2.5が高めです
  • 熱中症に注意です
  • 感染症に注意です
  • よい空気を保ちましょう

空気のDXサービス MADO月々 1,650円(税込み)※最低利用24か月間

空気質モニタリングデバイスQingping Air Monitor(Qingping社製)
  • CO2など、5つの数値をサイネージ表示
  • 管理画面で空気の状態をデータ分析
  • 万が一のアフターサポート
    (クラスター発生時の消毒・風評対策までお任せ!)
写真:Qingping Air Monitor

仕様

商品仕様 CGS1
外寸法 W68.4×H86.3×D85 mm
重量 217g
画面サイズ 3.1インチ
3.1インチ 720×720
無線ネットワーク Wi-Fi IEEE802.11b / g / n2.4GHz
バッテリータイプ リチウムイオンバッテリー
バッテリー容量 1,800mAh
電源コネクタ USB-C
定格入力 5V 1.5A
規格 Q/BJQPK0003-2018
CMIIT ID 2018DP6551

検出物毎の測定範囲

検出物 測定範囲
PM2.5 0 〜 999 μg/m3
tVOC 0.005 〜 9.999 mg/m3
CO2 400 〜 9999 ppm
温度 -10 〜 50 ℃
湿度 0 〜 100 %

よくある質問

管理システムについて

Q. 対応ブラウザは何ですか?
A.Google Chrome、Safari、MicrosoftEdgeをサポートしています。

センサーデバイス機器について

Q. 機械の寿命はどのくらいですか
A.一般的な生活環境で、3年以上の使用が可能です。
Q. 待機時間はどのくらいですか?
A.USB電源に接続されていない場合、本製品は残りの電力が 5%になると自動的にシャットダウンします。フル充電してから自動的に電源が切れるまで、本製品は約 4時間待機できます。本機を使用する際には、必ず電源に接続することをお勧めします。空気検知器には、ノートパソコンと同様の電源管理機能が内蔵されており、バッテリーを損傷することはありません。
Q. 1台のセンサーデバイスの有効検出面積はどのくらいですか?
A.部屋の空気の状態が均一であるかどうかでテストエリアが変わりますがおおよそ50㎡としています。一般的に、エアコンやヒーターの隣(温度が他の場所と大きく異なる)や、加湿器の隣(湿度が他の場所と大きく異なる)に置かれていない限り、比較的均一と考えられます。
Q. 他の温湿度計で測定した結果と比較し、温湿度の差が大きい場合の原因は何が考えられますか?
A.エアコンや扇風機の風が直接当たると、本機の温湿度測定の精度に影響を与えることがあります。比較測定する際は、完全に風通しの良い室内環境で、比較する温湿度試験機を20cmずつ離して一緒に置き、30分ほど放置してから観察する、など前提条件を整えて測定してみてください。
Q. 測定精度はどれくらいですか
A.ユーザーの使用環境やテスト方法は様々であるため、特定の精度を外部に約束するものではありません。メーカーによるテストの精度範囲は下記のとおりです
  • 温度:±0.8℃ (なお、このテストでは、電源を入れた後、風のない環境で30分間放置する必要があります。)
  • 湿度:±8% (なお、このテストでは、電源を入れて30分間無風状態で放置する必要があります。)
  • PM2.5:100μg/m³未満の場合は±10μg/m³、100μg/m³以上の場合は±10%(なお、レーザー式のPM2.5センサーは超音波式の加湿器の影響を受けやすいため、テスト時には加湿器の電源を切ることをお勧めします)。
  • tVOC:±20%(なお、試験機の tVOCセンサーは、風通しの良い場所で30分以上稼働させることで初期化が完了し、正確に校正される必要があります。
  • CO2:±15%(ただし、空気中の二酸化炭素は均一に分布していないため、精度を調べるにはより特殊な環境が必要です)
Q. 長時間使用して内部に埃が溜まると、測定精度に影響しますか
A.埃の多い環境での使用は避けてください。一般的な生活環境であれば、本製品は3年以上使用することができ、通常3年以内であれば精度低下の問題はありませんが、これは保証を約束するものではなく、あくまでも目安です。
Q. デバイス自身の熱が温湿度測定の精度に影響することはありますか
A.影響はありますが、「Qingping空気質検知器」には、この影響を排除するための完璧な補正アルゴリズムが組み込まれており、デバイスが表示する実際の温度と湿度の測定値は正確です。
1)画面背面のバースロットにある外部の温度と湿度を測定するためのセンサーに加えて、デバイスの内部にも温度センサーが追加されており、体の内部温度が体の表面温度に及ぼす影響を投影します。
2)デバイスの内蔵アルゴリズムが、画面の輝度、CPU負荷、バッテリーの充放電を考慮して、完全な温度と湿度の値を補正しています。
Q. 長期間使用した後でも、必ずテストの精度を保証できますか?
A.紫外線ランプの寿命である6ヵ月ごとにお伺いし、清掃・ランプ交換・安全性確保の為の紫外線測定を行います。
Q. 画面上部の時刻は自動的に調整されますか?
A.本製品がネットワーク接続されている場合は、自動的に時刻が校正され、ネットワーク接続されていない場合は、校正されません。また、本製品の設定で時間を手動で調整するように設定すると、自動校正がオフになります。
Q. スクリーンセーバーのデジタル時計モードは選択できますか?
A.本製品には「時刻と天気」のメイン画面があり、この画面を常に表示させることもできます(この画面に留まるだけです)。
Q. バックライト機能はありますか?
A.画面には、携帯電話の画面と同じようにバックライトが付いています。手動で画面をオフにしたり、設定で無操作状態が続くと自動的に画面がオフになるようにすることができます。
Q. 加湿器の電源を入れると、 PM2.5の数値が大きくなるのはなぜですか?
A.超音波加湿器の動作時に出る一部の水滴の体積が PM2.5粒子の体積と似ているため、レーザー式 PM2.5センサーの測定値が急激に上昇することがよくあります。(動作時に白い水のミストが出るものは、通常は超音波式加湿器であり、湿式フィルム蒸発式加湿器を使用することが推奨されています)
Q. ホルムアルデヒドの検査はできますか? tVOCはホルムアルデヒドと同じですか?
A.ホルムアルデヒドの検査はできませんが、tVOC(総揮発性有機化合物)の検査は可能です。tVOCにはホルムアルデヒドやベンゼンなど数千種類の化合物が含まれていますが、ホルムアルデヒドとは異なります。tVOCの測定値は、室内に多くの人がいる場合や、料理、食事、掃除、化粧などの活動が行われている場合に上昇し、その活動が終わったり、換気が行われたりすると、通常は下降します。また、アルコールを含む未開封の物質が検出器の近くにあると、tVOCの測定値が著しく上昇することがあります。室内のtVOCは、石炭や天然ガス、タバコなどの燃焼生成物や、建築・装飾用の材料、家具、家電製品などからも発生する可能性があります。tVOCの中には人体に有害なものもあり、窓を開けたり、新鮮な空気の換気装置をつけたりすることは、室内のtVOC削減に効果的です。
Q. 電源投入後に tVOCを初期化する必要があるのはなぜですか?なぜ、かかる時間の長さが違うのか?
A.センサーの特性上、電源投入後にtVOCセンサーの初期化が必要となり、必要な時間は以下の通りです。
  • オフタイム< 1時間: 30秒
  • 1時間<オフタイム< 12時間: 90秒
  • 12時間<オフタイム< 48時間: 6分
  • 48時間<オフタイム< 7日: 12分
  • オフタイム> 7日(または初回オン): 4時間
初期化⇒処理中にシャットダウンや再起動を行うと、再起動時に未完了の初期化処理が再び最初から行われます。
Q. tVOC値を図る意味とは何ですか?
A.tVOC (total volatile organic compounds)には、何千もの化合物が含まれており、その中には人間に有害なものとそうでないものがあります。tVOCの測定値は、室内に多くの人がいる場合や、料理、食事、掃除、化粧などの活動が行われている場合に増加することがありますが、当該活動が終了したり、換気が行われたりすると、通常は減少します。また、アルコールを含む未開封の物質が検出器の近くにあると、tVOCの測定値が大きく上昇します。室内のVOCは、石炭や天然ガス、タバコなどの燃焼生成物や、建築・装飾用の材料、家具、家電製品などからも発生する可能性があります。室内のtVOCを削減するには、窓を開けたり、新鮮な空気の換気をすることが効果的です。
そのためtVOCを測定することはCO2濃度を計測することと同様にその空間における密集度や空気の入れ替えの指標となります。
Q. tVOCは なぜ校正が必要なのですか?
A.tVOCセンサーの特性には限界があるため、本機がtVOC測定値を正確に表示できるように、本機を初めて起動した後、または7日以上電源を切った後に再度起動して、初期化が完了した後に校正するのが最適です。キャリブレーションは、電源を入れて初期化した本機を、風通しの良い場所(窓際など)に30分間放置するだけで完了します。校正されていない場合は、読み取りエリアに「Calibrate」ボタンが表示されます。また、日常の使用中にいつでも校正することも可能です。
Q. 電源を入れた後、タッチパネルに「Qinping」と表示され、そこから次の画面に進まないのですが故障でしょうか。
A.一度電源をオフにして、再度電源を入れ直すと通常の動作に戻ります。
お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせは
こちらから