【50代男性の今の働き方は絶望・希望どちらに近い?】 75%が「毎日がなんとなくつまらない」 「なんとなく不安」と閉塞感を感じる

この記事は、 9 分で読めます。

75%が「毎日がなんとなくつまらない」 「なんとなく不安」と閉塞感を感じる

〜「つまらない」「不安」という感情を隠し、明るく振る舞う実態が明らかに〜

 

「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す株式会社UPDATER(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)のWell-being tech事業「みんなエアー」(https://minnaair.com/)は、2022年8月30日(火)に開催する『みんなの働き方EXPO』でのセッションテーマの一つである「誰も取り残さない働き方〜人生100年時代!50歳からの幸せ〜(https://minnaair.com/blog/week2022-expo/#session2)」に関する緊急調査として、50代の男性会社員106名を対象に、50代男性の幸せな働き方に関する意識調査を実施しました。

 

調査サマリー

 

■調査概要

調査概要:50代男性の幸せな働き方に関する意識調査

調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査

調査期間:2022年8月9日〜同年8月10日

有効回答:50代の男性会社員

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

 

≪利用条件≫

1 情報の出典元として「みんなエアー」の名前を明記してください。

2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。

URL:https://minnaair.com/blog/week2022-expo/#session2

 

 

 

「あなたは今の働き方を考えたときに、「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」のいずれかに当てはまる感覚がありますか。」

■50代男性の75%が今の働き方は「毎日がなんとなくつまらない」、「なんとなく不安」という感覚あり

 「Q1.あなたは今の働き方を考えたときに、「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」のいずれかに当てはまる感覚がありますか。」(n=100)と質問したところ、「かなりある」が21.0%、「ややある」が54.0%という回答となりました。

・かなりある:21.0%

・ややある:54.0%

・全くない:21.0%

・わからない/答えられない:4.0%

 

 

「あなたが働き方を考えた際、「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」と感じる理由を教えてください。」

■理由として「今の仕事の閉塞感」(56.0%)や「今後のキャリアの不透明さ」(42.7%)などと回答

Q1で「かなりある」「ややある」と回答した方に、「Q2.あなたが働き方を考えた際、「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」と感じる理由を教えてください。(複数回答)」(n=75)と質問したところ、「今の仕事に閉塞感を感じているから」が56.0%、「今後のキャリアが不透明だから」が42.7%、「会社の雰囲気が悪いから」が28.0%という回答となりました。

・今の仕事に閉塞感を感じているから:56.0%

・今後のキャリアが不透明だから:42.7%

・会社の雰囲気が悪いから:28.0%

・ワーク・ライフ・バランスが保たれていないから:21.3%

・ルーティン業務が多いから:8.0%

・その他:4.0%

ー55歳:今後も原則テレワークのため、コミュニケーションが減少するから

ー59歳:まもなく定年を迎えるが、年収減による今後の生活に不安を感じる

・わからない/答えられない:5.3%

 

 

 

「「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」と感じる理由があれば自由に教えてください。」

■他にも「仕事自体が楽しくない」や「毎日同じ事を繰り返して時間を無駄に過ごしているような気がしてならない」という声も

Q2で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q3.Q2以外で、「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」と感じる理由があれば自由に教えてください。(自由回答)」(n=71)と質問したところ、「仕事自体が楽しくない」や「毎日同じ事を繰り返して時間を無駄に過ごしているような気がしてならない」など50の回答を得ることができました。

 

<自由回答・一部抜粋>

・51歳:仕事自体が楽しくない。

・54歳:毎日同じ事を繰り返して時間を無駄に過ごしているような気がしてならない。

・58歳:これから伸びる職種ではないので。

・52歳:社員の向いている方向がバラバラで、将来が不安になる。

・56歳:将来の仕事内容・処遇の変化が不安。

・55歳:会社の人間関係に不信感がある。

・59歳:コロナ禍での仕事量の減少。

 

 

 

 

「あなたのキャリア上の、自己実現における現在の達成度を教えてください。」

■50代男性の3割が「キャリア上の自己実現」を達成していないと実感

 「Q4.あなたのキャリア上の、自己実現における現在の達成度を教えてください。」(n=100)と質問したところ、「あまり達成していない(30%程度)」が26.0%、「ほとんど達成していない(10%程度)」が4.0%という回答となりました。

・完全に達成している(100%程度):2.9%

・ほぼ達成している(80%程度):23.0%

・やや達成している(50%程度):33.0%

・あまり達成していない(30%程度):26.0%

・ほとんど達成していない(10%程度):4.0%

・わからない/答えられない:11.0%

 

 

 

「今後、ポジティブなキャリアを形成するために、どのようなことを求めていますか。」

■ポジティブなキャリアを形成するために求めること、「ワーク・ライフ・バランスの実現」(39.0%)や「いきいきとした職場選び」(36.0%)の声

 「Q5.今後、ポジティブなキャリアを形成するために、どのようなことを求めていますか。(複数回答)」(n=100)と質問したところ、「ワーク・ライフ・バランスの実現」が39.0%、「いきいきとした職場選び」が36.0%、「いつまでも挑戦し続けられる労働環境の整備」が25.0%という回答となりました。

・ワーク・ライフ・バランスの実現:39.0%

・いきいきとした職場選び:36.0%

・いつまでも挑戦し続けられる労働環境の整備:25.0%

・ウェルビーイングな職場環境への改善:11.0%

・その他:1.0%

ー51歳:矛盾のない会社

・わからない/答えられない:8.0%

・特にない:21.0%

 

 

 

「今後ポジティブなキャリアを形成するために求めることがあれば、自由に教えてください。」

■他にも「もう少しやりがいのある仕事がしたい」や「能力を生かせる職場環境」などを求める声も

Q5で「特にない」、「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q6.Q5以外で今後ポジティブなキャリアを形成するために求めることがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=71)と質問したところ、「もう少しやりがいのある仕事がしたい」や「能力を活かせる職場環境」など40の回答を得ることができました。

 

<自由回答・一部抜粋>

・51歳:ある程度キャリア形成はできているので、もう少しやりがいのある仕事がしたい。

・56歳:能力を活かせる職場環境。

・53歳:成果に見合う給料体系の確立。

・53歳:自己研鑽の機会。

・59歳:在宅勤務などでも、チャレンジする機会を確保して欲しい。

・59歳:仕事の幅の拡大。

・59歳:副業OK等。

 

 

 

 

「あなたは普段から「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」という感情を周囲の人・家族にさとられないように、努めて明るく振る舞っていますか。」

■65.3%が、普段「つまらない」「不安」という感情を隠し、明るく振る舞う実態が明らかに

Q1で「かなりある」、「ややある」と回答した方に、「Q7.あなたは普段から「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」という感情を周囲の人・家族にさとられないように、努めて明るく振る舞っていますか。」(n=75)と質問したところ、「かなりそう」が14.6%、「ややそう」が50.7%という回答となりました。

・かなりそう:14.6%

・ややそう:50.7%

・あまりそうではない:28.0%

・全くそうではない:6.7%

 

 

 

 

「「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」という感覚の中に、キャリアに関する希望を感じることはありますか。」

■不安やつまらないという感覚の中で、57.4%が「キャリアに関する希望を感じることがある」と回答

Q1で「かなりある」、「ややある」と回答した方に、「Q8.「毎日がなんとなくつまらない」「なんとなく不安」という感覚の中に、キャリアに関する希望を感じることはありますか。」(n=75)と質問したところ、「かなりある」が4.1%、「ややある」が53.3%という回答となりました。

・かなりある:4.1%

・ややある:53.3%

・全くない:30.7%

・わからない/答えられない:12.0%

 

 

 

 

まとめ

今回、50代の男性会社員を対象に、50代男性の幸せな働き方に関する意識調査を行いました。

50代男性の75%が今の働き方は「毎日がなんとなくつまらない」や「なんとなく不安」という絶望に近い感情があることが明らかになりました。理由として「今の仕事の閉塞感」(56.0%)や「今後のキャリアの不透明さ」(42.7%)、他にも「毎日同じ事を繰り返して時間を無駄に過ごしているような気がしてならない」という声が挙がりました。さらには65.3%が、そんな不安な感情を抱えながら、普段は努めて明るく振る舞う実態も判明しました。

また、ポジティブなキャリアを形成するために、「ワーク・ライフ・バランスの実現」や「いきいきとした職場」を求めており、実際にキャリアに関する希望を感じる場面としては「明確なステップアップの実現」や「昇進昇格」など、やりがいを感じられるかどうかが左右することが分かりました。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、働き方は大きく変化し、テレワークや多拠点居住は珍しいことではなくなりました。キャリアを積み重ねてきた50歳の働く男性にとって、社会環境の急速な変化は不安を感じずにはいられず、変化の激しい今だからこそ今後のキャリアが不透明だと実感しているようです。50歳以上を生きていく希望を見いだす社会を作りだすことは、人生100年時代と言われる現代においての重要課題と言えるのではないでしょうか。

 

50歳からの幸せを考える〜『みんなの働き方 EXPO』 開催〜

2022年8月30日(火)に、今後どのような働き方をしていくことがウェルビーイングにつながるのか、その答えを一緒に考える『みんなの働き方 EXPO』を開催します。

今回の調査テーマである、50代男性が働く中で感じている「なんとなくつまらない」「なんとなく不安」といった閉塞感に対する答えを、ゲストとともに見つけて行きます。

人生100年時代と言われる現代。社会環境の急速な変化を踏まえながら50歳以上を生きていくことを楽しめる社会を、私たちはどのように作ればいいのか。

一緒に考えていきましょう。

 

申込はこちら ➤ https://minnaair.com/blog/week2022-expo/#session2

関連記事

メルマガ登録

ウェルビーイングに関する情報をお届けします


人気記事ランキング

この記事をシェアする

お役立ち記事

運営者情報