湿気対策はどうしたらいい?カビやウイルスの発生を抑えるために

この記事は、 8 分で読めます。

湿気とは空気の中に含まれている水蒸気、つまり水分そのものを指します。

湿気が多い季節になると、困るのがカビの存在です。カビは、いつの間にか住まいの思わぬ場所に発生し、放置していると健康に被害が及ぶことがあるため、湿気対策をして発生を抑える必要があります。しかし、室内の湿気や湿度をしっかりと管理をしているという人は、意外と少ないのではないでしょうか。カビ以外にも、ウイルスと湿度の関係も気になるところです。

ここでは、カビやウイルスのことを視野に入れた湿気対策について解説します。

 

【みんなエアー】空気を換えなきゃ、私たちいい仕事ができません宣言!

 

湿気が多くなる原因

 

人は、空気中に含まれる水分量が多いときに、湿気が多いと感じます。その湿気の多さを確認する際、目安とするのが「湿度」です。

湿度とは、飽和水蒸気量に対する、空気中に含まれる水蒸気の割合のことです。飽和水蒸気量とは、1m3あたりの空気中に存在できる最大の水蒸気量を指します。

基本的に、空気は温度が高いほど多くの水蒸気を含むことができ、気温が0℃なら飽和水蒸気量は4.85g/m3、気温25℃だと23.1g/m3です。

 

そのため、温度が上がる夏のほうが、空気は多くの水分を含むことができるのです。特に、海に囲まれた日本では、夏になると温度とともに湿度も上がる傾向があります。梅雨はもちろんですが、その後の夏場も太平洋高気圧の影響で暖かく湿った空気が流れ込んできて、室外は蒸し暑くなりがちです。

雨が降ったときも、空気中に含まれる水蒸気は多くなります。梅雨時期の室外の湿度は、平均で78%前後です。ちなみに、雲の中は湿度100%、濃い霧の中もほぼ100%です。

 

室内の湿度も、季節や気候の影響を受けて上昇します。特に、室内の湿度が高くなりやすいのは、室外と同じく梅雨と夏です。しかし、ほかにも室内の湿度が高くなる原因は潜んでいます。

風呂の浴槽に湯を溜めっぱなしにしてドアを開けていたり、洗濯物を大量に部屋干ししていたりというのはわかりやすい例でしょう。ほかにも、観葉植物がある、ペットがいる、換気をしていないといったことも湿度を上げる原因となります。なお、人がいるだけでも、呼吸をしたり汗をかいたりすることで湿度が上昇します。

湿度が高いほどカビが発生しやすくなる

 

室内の湿度が高くなって困ることのひとつがカビの発生でしょう。

梅雨や夏といった季節や気候の影響を受けて湿度が高い日が続くと、風呂・台所などの水回り、窓の周囲、カーテン、壁・天井、押入れの中などにカビが発生しやすくなります。特に、梅雨時期は気温も湿度も上がるので、カビが繁殖するための条件がそろっています。カビはほこりや食べカス、人の垢などを栄養にするので、汚れにも注意してください。

 

室内の場合、実は冬も注意が必要です。冬の空気は乾燥しやすいのですが、室内と室外の温度差が大きくなり、暖房で暖められた室内の湿った空気が、冷たい窓ガラスなどにふれると結露が起こります。この結露が、カビを発生させることがあるのです。

 

カビを放置していると家や家具が傷む原因となります。また、空気中に胞子が浮遊し、それを人が吸い込むとアレルギー性鼻炎、夏型過敏性肺炎、気管支肺アスペルギルス症などの健康被害を引き起こすおそれがあります。

 

【みんなエアー】 朗報!『あなたと職場』、感染症からまもる秘策教えます!

 

室内に適した湿度とは?

 

カビが発生しづらく、人にとっては快適な湿度はどのくらいなのでしょうか。ここでは、カビの特性や季節の温度を考慮した湿度を紹介します。また、ウイルス対策に適した湿度も併せてご紹介します。

 

 

カビやウイルス対策に適した湿度

 

カビが活動し始めるのは、湿度60%を超えるあたりからといわれています。湿度70%の状態が続くと数ヵ月、80%以上が続くと数週間でカビが発生するともいわれます。カビを防ぐには、湿度60%以下をキープしておきたいところです。

 

ただし、少々悩ましいのは、ウイルス対策としては、湿度はむしろ高いほうがいいとされていることです。

ちりやほこりに付着して浮遊している空気中のウイルスは、湿度が高いと重くなったちりなどとともに地面や床に落下しやすくなるという特徴があります。湿度が低いと長く空中にとどまり、遠くまで飛ぶこともできるようになります。カビのことだけを考えてとにかく湿度を下げるという対策をとると、ウイルス感染の危険性を高めてしまうことにもなりかねません。

 

カビの発生を意識し、生活をする上で適正かつ快適な湿度は、40~60%というのが一般的な見解です。しかし、ウイルス対策を考慮に入れると、下限をもう少し高くして、50~60%としておくのが妥当と考えられます。

 

【みんなエアー】 仕事も生産性もアガル!空気のきれいな安心できる職場で

 

季節の室温によって適正な湿度は変わる

 

厳密にいうと、飽和水蒸気量の関係で、気温が高いときと低いときとでは、同じ湿度であっても空気中に含まれる水分量が異なります。気温の高い夏のほうが空気中に多くの水分を保持できるからです。一般的に、湿度という場合はその温度における飽和水蒸気量と水分の比率をパーセントで表したものを指し、これを相対湿度といいます。

 

■相対湿度のイメージ

 

そこで、夏の室温を25~28℃に保っているなら湿度は45~60%、冬の室温を18~22℃に保っているなら湿度は55~60%というのを目安にしてください。

また、快適な眠りのための温度は16~26℃、湿度は50~60%といわれています。このことも覚えておきましょう。

 

 

室内の湿気対策のポイント

 

ここからは、室内の湿気対策について見ていきましょう。特に有効な湿気対策を、4つご紹介します。

 

 

換気をする

 

室内にこもった湿気を外に逃がし、湿度を適正に保つために役立つのが換気です。定期的に窓を開け、換気扇をつけて、室内の換気を行いましょう。

窓は、できるだけ2ヵ所以上の窓を開けるようにするのがおすすめです。ドアも開け、換気扇もつけるなどの方法を実践すると、空気の通り道を作ることができます。コンクリート造のマンションなどは気密性が高いので、特に室内に風が通るような工夫が必要です。

雨の日の場合、室外よりも室内の湿度が高くなっているときは換気をおすすめします。激しい雨が降っていなければ窓を開け、換気扇もつけたほうが空気の入れ換えができます。

 

 

室内の空気を循環させる

 

窓が1ヵ所しかないときなどは、窓を開けると同時に、窓に対して部屋の対角線の端にサーキュレーターや扇風機を設置しましょう。室内の空気が循環して、換気効果を高められます。

クローゼットや押入れなど湿気のこもりやすい場所に強制的に空気を送り込んで湿気を取るのにも、サーキュレーターや扇風機が役立ちます。

 

 

エアコンの除湿機能を使う

 

エアコンの除湿(ドライ)機能も、湿度調整に活用できます。エアコンは、湿度の高い空気を吸い込んで温度を下げることで空気中の水分を取り除き、室内に戻すという方法で除湿を行います。つまり、飽和水蒸気量についてご説明した温度と湿度の関係を利用しているのです。

 

ちなみにエアコンの除湿には、冷やした空気をそのまま部屋に戻す「弱冷房除湿」と、水分を取り除いた後の空気を暖めて部屋に戻す「再熱除湿」の2種類があります。

なお、エアコンの除湿機能を使うときは、窓を閉めるのが基本です。換気扇もオフにしたほうが効率良く除湿を行うことができます。

 

 

除湿剤を使う

 

除湿剤は、収納空間など狭い場所の湿気を取り除くための製品です。容器の中に白い粒状の固形物が入っているタンクタイプが主流ですが、この白い粒は空気中の湿気にふれると溶けて液状になる性質を持った、塩化カルシウムという薬剤です。使い終わると容器の中には、液化した塩化カルシウムが溜まります。

 

除湿剤はクローゼットや押入れ、靴箱などに入れて使うものなので、部屋全体の湿気を取ることはできません。それでも狭い空間の除湿をしたいときには重宝します。

狭い空間内の湿気は上よりも下、真ん中よりも四隅にたまる傾向があるため、除湿剤もクローゼットの一番下の端に置くようにしましょう。

 

【みんなエアー】超優良企業はもうはじめてる!みんなの『ウェルビーイング』

 

カビ菌やウイルスをダイレクトに対策するならエアロシールドの導入も効果的

 

室内の湿度をコントロールすることは、カビの発生抑制やウイルスの対策を考えるときに重要です。しかし、気をつけていても、室内の状況に応じた湿度の微調整は難しい場合もあるでしょう。

そこで、湿度のコントロールに加え、室内に浮遊するカビ菌やウイルスに直接アプローチする対策も検討してみてはいかがでしょうか。

 

株式会社UPDATER(旧 みんな電力株式会社 ) のエアテック事業「みんなエアー」では、空気環境対策のソリューションとして、エアロシールド (エアロシールド株式会社製 ) を提供しています。エアロシールドは、紫外線の中でも最も効果が高いとされているUV-Cを室内上部に水平照射することで、浮遊菌やウイルスを減少させることができます。

関連記事

人気記事ランキング

この記事をシェアする

お役立ち記事

運営者情報