幼稚園や保育園などの保育施設における感染症対策のポイントとは?

この記事は、 8 分で読めます。

幼稚園や保育園は、幼い子供が集団生活を送る場所です。子供は、まだ病気への抵抗力が弱いため、感染症対策には細心の注意が必要となるでしょう。

ここでは、幼稚園や保育園などの保育施設における感染症対策の必要性と、具体的な取り組みについて解説します。

 

【みんなエアー】見たらビックリ!その「空気」で働き続けられますか?

 

感染症が起こる要因

 

感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入し、増殖することで起こる病気のことです。

感染症にかかるかどうかは、「感染源(病原体)」「感染経路」「感受性宿主」の3つの条件が関係してきます。この3つのうち1つでも欠ければ、感染症を予防できる可能性が高くなるのです。

・感染源(病原体)

感染源とは、病原体に感染した人や動物のほか、病気を媒介する蚊やダニ、病原体で汚染された物や食品のことを指します。感染源は、清掃や消毒による対策が可能です。

 

・感染経路

感染経路とは、感染源である病原体が体内に侵入する経路のことです。大きく分けて「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」の3種類があります。

 

・感受性宿主

感受性宿主とは、病原体への抵抗力の低い人のことです。人や動物の病気に対する抵抗力は個体ごとに違うので、同じ病原菌が侵入しても、ある人はまったく症状が出ないけれど、ある人は発熱や下痢などに襲われるといったことは珍しくありません。これが感受性の違いで、「感受性がある人」というと、特に抵抗力が弱く、その病原体の感染を受ける可能性のある人を指します。

乳幼児は感染症にかかりやすい

 

幼稚園や保育園での感染症対策を考える上でまず前提となるのは、幼い子供は病気に対する抵抗力である免疫が未発達だということです。そのため、感染症にかかりやすく、また一度かかると、感染症によっては重症化しやすいという特徴があります。加えて、子供は大人に比べて体重に対して必要とする水分量が多いため脱水症状を起こしやすく、呼吸困難を起こしやすいという特徴もあります。

 

保育施設にいる子供たちがお互いに接触するのを止めるのは、非常に難しいものがあります。乳児の場合は、床をはったり、手にふれた物をなめたりするのも止めることはできません。幼い子供には正しいマスクの着用や手洗いを徹底することも厳しく、幼稚園や保育園は感染症が流行しやすい環境だといえます。

 

【みんなエアー】超優良企業はもうはじめてる!みんなの『ウェルビーイング』

 

保育園や幼稚園でできる感染症対策

 

幼い子供たちの感染症対策として安全で確実性の高い方法に、ワクチンの接種が推奨されています。ワクチンで病気に抵抗する免疫を作ることで、たとえ感染症にかかっても重症化を防ぐことが可能です。

しかし、すべての感染症に対してワクチンが用意されているわけではありません。ワクチンで対応しきれない感染症を防ぐためにも、やはり幼稚園や保育園での感染症対策が大切になります。

 

保育施設における感染症対策としては、厚生労働省から「保育所における感染症ガイドライン(2018年改訂版)」が出されており、新型コロナウイルス感染症対策も、このガイドラインが基準となっています。続いては、このガイドラインに沿って幼稚園や保育園でできる、感染症対策を紹介していきましょう。

 

 

発症者や疑いのある子供の隔離

 

どれだけ対策を積み重ねても、幼稚園・保育園に入ってきた病原菌をすべて遮断するのは不可能です。そのため、幼稚園・保育園での感染症対策は感染症の予防と同時に、感染症が発生した場合に流行規模を最小限に抑えることを目的とします。それには発症者や疑いのある子供の隔離が有効です。

具体的には、はっきりした感染症の症状が見られる子供には登園を控えてもらい、保育施設内で急に発熱などの症状が表れた場合は医務室などの別室に隔離し、ほかの子供たちと接触しないようにします。

 

 

部屋の換気

 

インフルエンザや新型コロナウイルス感染症の感染経路は、接触感染と飛沫感染が中心ですが、麻疹(はしか)や水痘(水ぼうそう)などは接触感染、飛沫感染のほか、空気によっても感染します。感染者と同じ部屋にいただけでも感染リスクは高まるので、発症者の隔離と部屋の換気が重要になります。

新型コロナウイルス感染症の対策には、窓を幅10~20㎝程開けておく常時換気が基本ですが、難しければ30分に1度、数分程度の換気が推奨されています。窓やドアを2ヵ所以上、できれば対角線上の窓やドアを開けることで換気効率を高めることができます。

 

 

正しい手洗いやうがいの指導

 

接触感染対策で大切なのは、子供の手指を清潔に保つことです。まずは、教職員が正しい手洗いやうがいの方法を身につけ、実践するとともに、子供の年齢に応じて手洗いの介助を行い、適切な手洗いやうがいの方法を指導していくことが求められます。

 

 

消毒や石鹸の設置

 

手洗いや消毒には、適切な物品を使うことも大切です。固形石鹸は保管時に不潔になりやすいので、可能であれば液体石鹸を設置しましょう。教職員が子供の嘔吐物や下痢、感染者の血液などが付着している場所・物を掃除する際には、それらを丁寧に取り除いた上で、しっかり消毒することが大切です。

 

 

こまめな清掃と消毒

 

乳児は手でふれた物を口に持っていくことが多いので、施設内の床や園庭の遊具、おもちゃなどの洗浄・消毒も感染症対策に有効です。また、感染症の一種である食中毒対策としては、調理器具の洗浄や消毒も重要になります。

 

 

 

職員の健康管理

 

職員が感染し、知らないうちに感染源となってしまう場合もあります。そのため、職員の体調管理にも気を配る必要があるでしょう。

 

 

予防接種の奨励

 

ワクチンで重症化が防げる感染症については、ワクチンの接種が最も確実性の高い感染症対策になります。予防接種の案内は、行政や医療機関から保護者に通知されるものですが、時には保育施設側からも保護者に摂取の意義やメリットを伝えることも必要でしょう。

 

 

空気清浄機などの設置

 

飛沫感染や空気感染による感染予防対策としては、空気中の汚れをキャッチして除去することで室内の空気をきれいにしてくれる、空気清浄機の導入もおすすめです。その性能は各機が搭載するフィルターにもよりますが、空気中を漂うウイルスの除去に役立つ物もあります。

 

【みんなエアー】空気を換えなきゃ、私たちいい仕事ができません宣言!

 

子供の集まる施設が行っているみんなエアー導入の実例

 

子供の集まることの多い施設では、感染症の予防が特に重要となります。では、実際にどのような対策が効果的なのでしょうか。株式会社UPDATER(旧 みんな電力株式会社) のエアテック事業「みんなエアー」を導入された施設について紹介いたします。

 

感染症の媒介リスクを抑えるために:アース・キッズ株式会社(スタジオそら原宿)

 

アース・キッズ株式会は、発達に支援を必要としている子供たちへの障害児通所支援事業所「スタジオそら」を、東京、横浜、川崎を中心に15拠点(28事業所)で運営しています。

スタジオそら原宿では、登録する子供が約70名、スタッフが9名おり、1日に20名以上の子供と保護者の出入りがあります。子供やそのご家族だけでなく、スタッフにも感染症の媒介リスクを抑えることが適切な事業所の運営につながると思い、訓練室に「エアロシールド」を、事務室に「MADO」を導入しました。

通所する子供の中には空気清浄機などのちょっとした生活雑音が気になってしまう聴覚過敏の子もいますが、エアロシールドは無音なので気になりません。また、支援中は転落の危険があり窓を開けての換気ができないため、室内の自然対流で菌やウイルスの減少効果があるエアロシールドは、安心して利用ができます。

MADOは、数字で空気環境を可視化できるため、夕方時など業務が煩雑になり、換気への意識が甘くなってしまいがちな時間帯でも、密や換気への注意喚起につながっています。

 

【みんなエアー】 仕事も生産性もアガル!空気のきれいな安心できる職場で

 

定期的に感染症対策ができているかどうかをチェックしましょう

 

感染症対策は、できていると思っても、意外と穴があったりしがちです。特に、乳幼児は感染症にかかりやすく、感染症が広がりやすい環境である保育施設では、さまざまな角度からしっかりとした対策を行う必要があります。

株式会社UPDATER ( 旧 みんな電力株式会社 )では、空気環境を可視化し、データの分析・通知・アフターサポートまで行うクラウドサービス「MADO」を提供しています。「MADO」は、オフィスや店舗の空気中に含まれる二酸化炭素やPM2.5、揮発性のガスといった物質を計測し、クラウドに送信。事業者のコンピューターやタブレットなどのデバイスに表示し、その空間の空気がどのような状態なのかを可視化できるため、換気やその他状況に応じた対策を行うことが可能です。

関連記事

人気記事ランキング

この記事をシェアする

お役立ち記事

運営者情報